採用情報トップ

メッセージ

会社を知る

数字で見る

仕事を聞く

募集職種

エントリー

EMPLOYEE INTERVIEW仕事を聞く

進歩と挑戦を繰り返し、
価値あるものをつくる。

リノステージ2019年入社施工部施工課

中村 伸之NAKAMURA Nobuyuki

現在はどんな仕事をしていますか?

施工管理というポジションで、端的に言うと、現場責任者をしています。
具体的には、着工前の工事申請書類の作成や近隣住戸の方へのご挨拶から始まり、要所での現場確認、工事完了前のキズのチェック、設備器具の動作確認など、現場の全てに関わります。
現場の職人さんとはミリ単位の調整を打ち合わせ、社内のプランナーや積算担当と連携し、マンション管理会社の方とも連絡を取り合うなど、多種多様な方々と関わる現場の『架け橋』的な存在だと自負しています。

会社の企業理念(VISION、MISSION、MINDなど)に対して、どのような印象を持っていますか?

私たちは『ものづくり』をする会社であり、お客様にとって価値のあるものを作るには、進歩と挑戦を繰り返すことが、非常に重要だと捉えています。
私自身それを根底にして、考え、動いていて、困難に直面した際も、そこに立ち返ることで、軌道修正することができます。

業務を通して身についたスキルや成長できたと思う点にはどういったものがありますか?

30歳を過ぎて未経験の建築業界に飛び込んだので、入社当初は初めて知ることばかりで、知識を詰め込む日々でした。
今は、覚えた知識を活かして、現場で様々な異変に気づけるようになりました。
施工管理に大事な、異常を察知する力と、異常を察知してからの先読みの力が養われたと感じています。
また、多種多様な方と関わる中で、相手に合わせた報連相のパターンの引き出しも増えたと思います。

一緒に働いている仲間はどんな方が多いですか?また、どのような刺激を受けていますか?

業務を円滑に進めるために設けられた社内ルールをきちんと守る意識が根付いています。
また、トラブルが起きないように全員でよく確認し、何かあれば全員で解決を目指す、責任感のあるチームの中で働けていると感じています。
仲間から助けてもらった恩返しではないですが、自分も誰かの助けになれるような動きを心がけています。

ある1日のスケジュール

  • 06:30 起床 家事
  • 08:30 現場1件目 職人さんと打ち合わせ
  • 11:00 現場2件目 現場確認(解体終了後の確認)
  • 13:00 昼食
  • 13:30 現場3件目 現場確認(工事完了日の最終確認)
  • 15:30 帰社
    事務作業、職人さんとの連絡
  • 17:30 施工課終礼
  • 19:00 退社
  • 20:30 帰宅 夕食 家事 晩酌
  • 23:00 就寝
一覧に戻る