Philosophy 代表挨拶 / 企業理念

代表挨拶

リノベーションで
ゆとりある未来を創る

私は大学卒業して平成バブル崩壊直後の1992年に中古マンション業界で働き始めました。時代は不動産業者も中古住宅もあまりイメージの良くない時代です。

そして2002年エフステージを設立、中古マンションの仲介からスタートし、やがて中古マンションの買取再販・リノベーションを主軸とした事業へ転換しました。

現在の日本は、人口・世帯数が減少傾向に入り、新築住宅の供給数が年々減少していくなかで、中古住宅の活用・流通促進が日本の経済発展や人々の暮らし方の変化に大きく期待されています。そして「リノベーション」は、中古住宅を再生させる力があり、社会的に大きな役割を担っていると考えます。
中古住宅の流通促進、空き家の活用、低価格での住宅供給、ストック住宅の資産価値の向上、新築に代わる不動産業界の経済活性化、ストック住宅再生による循環型社会・環境保全への貢献など、リノベーション事業には無限の可能性があると考えています。

エフステージグループは、ユーザーに、そして社会に必要とされる「リノベーション」を追求し、「ゆとりある未来を創る」 を理念として、グループ一丸となり精進してまいります。

エフステージグループ
代表

藤島 昌義

企業理念

  • 私たちが目指すべき姿 FR Vision

    リノベーションでゆとりある未来を創る

  • 私たちが実行すべき使命 FR Mission

    私たちは、リノベーション総合企業として、
    お客様が本当に求めるものを追求し、常に挑戦し、革新し続けます。